VISIONS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

団子になって身を守る

大西洋、アゾレス諸島の沖で見つけたマアジの仲間。直径10メートルを超える“団子”を作って、イルカや鳥、サメの攻撃から身を守る。捕食者から襲われると、群れはいったん崩れるが、しばらくすると元の形に戻る。
写真=Christopher Swann, Biosphoto

VISIONS一覧へ

ナショジオクイズ

Q:2020年、東アフリカを襲ったバッタの大量発生。一つの群れは最大で何匹になったでしょうか?

  • 7億匹
  • 70億匹
  • 700億匹

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ