さばいたときに、どんな身をしているのか分からないけれど、このぷりぷりグラマーな魚体を見ていると、実に美味しそうでもあった。

 料理好きの私には、興味が掻き立てられる食材だ。

 これは煮付けかフライか、やはり蒲焼か、と考えていると、スティーブが再び大きな魚を引き上げた。

 次にドカッと落ちてきたのは、これまたアゴ髭の生えた魚。今度は、色が黒く、への字口の偏屈顔をしていた。

 体つきも、色っぽさも可愛らしさもまったく感じさせない。

 魚の世界で言えば、湖底の悪役同盟の子分といった感じだ。

 これまた勝手に名づけるなら、「への字口偏屈顔アゴチョロ髭悪役子分」といったところである。そのまんまだが……。

「髭が生えているから、これはバーボットの仲間かい?」
 と、スティーブに尋ねると、
「これは、キャットフィッシュだよ」と言う。

「え? ナマズってことでしょ? へ~、これが~」

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る