「でも、これはお手上げだよ。無理無理……」

「でも切ってしまったら、続けて漁ができないよ」
 スティーブは、私を落ち着かせようと、低い静かな声で言った。

「確かに……」

 切ってしまったら、再び網を引き上げて、家に持ち帰っての修繕作業になる。

 そして、スティーブが言う。

「どんなに、ぐるぐるに絡まっていても、丁寧に外すんだよ。それが、網漁というものだよ」

 その言葉に、私はつくづく思った……。

 網漁の漁師さんたちというのは、根気と丁寧さを持った、尊敬すべき、もつれ解決職人なのだと……。

 ようやくなんとか最初の魚の糸を外すと、次の魚が、ドカッと船の縁を転がり落ちてきた。

(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る