第3回 波高7mの嵐より無風のほうがキツいんです

船内の様子。(写真クリックで拡大)

――そういうときは、どう過ごすのですか。

 本を読んだり、パソコンでDVDの映画を見たり、音楽を聴いたり、ギターを弾いたり、ご飯をつくってゆっくり食べたり、ひたすらボーッとしていたり……いろいろです(笑)。

――嵐はどうでしたか。一番、大きな嵐は?

 一番波が高かったのは、インド洋で体験した嵐で波高が7m。風が一番強かったのは、これも喜望峰へ向かっていたときで、風速25~30m/sの強風に丸1日さらされました。

――風速30m/sといえば台風並み。波高7mの大波にもまれるのは、ずっとジェットコースターに乗り続けているようなもの。その嵐の海からゴールまでを最後にうかがいましょう。

(写真クリックで拡大)

つづく

ローラ・デッカー

1995年生まれ。海洋冒険家。オランダ人の父とドイツ人の母がヨットで世界旅行中にニュージーランドのファンガレイで生まれ、6歳からヨットの操船を始める。2010年8月に単独世界一周航海に向けて出発し、2012年1月に達成。同年、世界の冒険者や挑戦者を表彰する「ファウストA.G.アワード」のファウスト挑戦者賞を受賞している(授賞式の模様は http://www.faust-ag.jp/quest/quest027/story.php)。


高橋盛男(たかはし もりお)

1957年、新潟県生まれ。フリーランスライター。自動車専門誌の編集を手がけたのちフリーライターに。JR東日本新幹線車内誌「トランヴェール」、プレジデント社「プレジデント」「プレジデントファミリー」などに執筆。