第1回 518日目のゴールはただ眠かったです

――2011年1月20日に、シント・マールテンを出航し、西回りでおよそ1年をかけて世界の海を回り、シント・マールテンに帰港したのが2012年1月21日。その前の大西洋横断を含めると、トータルで約5万km、518日間におよぶ航海を成し遂げたわけですが、世界一周ではどのようなコースをとったのですか。

 シント・マールテンからパナマ運河を抜け、ガラパゴス諸島から南太平洋を横断してオーストラリアへ。そこからインド洋を渡って、南アフリカの喜望峰を回り、再び大西洋を横断してシント・マールテンへというコースです。

――寄港地は何カ所?

 たくさん、いろいろなところに立ち寄ったので、何カ所なのか実は正確には覚えていないんです(笑)。

ローラ・デッカーさんはオランダから出航したものの(地図中の「START」)、世界一周と認定されるには一度は赤道をクロスしなければならないため、カリブ海のシント・マールテンを世界一周の起点とした。コースは西回り。(c)Faust A.G.(CYBIRD G)
(画像クリックで拡大)