さて、いよいよマヤ文明の連載も最終回。今日は12月21日。そう、世間で話題になっている「世界滅亡の日」である。しかし、何も起こっていないのではないか。それもそのはず、元々マヤ暦は世界が終わることなど予言してはいないのだ。ではなぜ話題になったのか。今回はそのことについて見てみることにしよう。

マヤ長期暦とは?

 いわゆる終末思想とマヤ暦が結びつけられたのは、マヤ人が持っていた独特の暦のうち、長期暦という暦の「ある区切りの日」が2012年12月21日だからなのだ。では、そのマヤ長期暦とはどんな暦なのだろうか。何と187万2000日で元に戻るという、文字通り長い期間の暦なのである。

 マヤ人は数を表記する際、20進法を用いていた。私たちが現在日本で使っているのは10進法。1、2、3、4、5、6、7、8、9と来て、次に2ケタになるので、10進法という。マヤ人は20進法を使っていたので、1、2、3、4……17、18、19と来て、次の20で位が変わって2ケタになるのだ。20でケタが変わる理由として、手の指と足の指を合わせると20本になるからだとする説が一般的である。

 第2回でも紹介したが、マヤ暦にはいくつかの種類がある。主な暦として、農耕に用いたとされる「365日(ハアブ)暦」、儀礼で用いられたとされる「260日(ツォルキン)暦」、そして「365日暦」と「260日暦」を組み合わせたカレンダーラウンド(約52年周期)があげられる。しかし、ここで問題となるのは、約5125年のかなりの長さとなる「長期暦」である。

この連載の前回の
記事を見る