第9回 国会議事堂の屋上ドームからベルリンを望む

 年末年始のお休みをご家族で過ごされた方も多いでしょう。初詣以外のおでかけスポットのうち、今年の一番人気は東京スカイツリーでしょうか。スカイツリーのように街の眺望を楽しめる場所は、世界中の大都市にあります。そこで今回は、ドイツの首都ベルリンを一望するのにぴったりな国会議事堂を紹介します。

ドイツ、ベルリンの国会議事堂では、屋上にあるガラス張りのドームからベルリン市街が一望できる。
写真:Zanchika/Shutterstock
(写真クリックで拡大)

 この建物のある場所には19世紀末、ドイツ最初の国会議事堂が建設されましたが、1930年代に全焼し、第二次世界大戦で破壊されて以来、長らく再建されませんでした。ようやく再建されたのは、東西ドイツ再統一後の1999年のこと。ドイツの連邦議会が置かれていますが、いまでも昔ながらの「ライヒスターク(国会)」の名で呼ばれています。

 屋上にあるガラス張りの展望ドームは、ベルリン市街を見渡すのに絶好のスポット。連邦議会の議場を上からのぞき込むこともできます。開館時間は午前8時~午後11時。入場無料ですが、事前登録が必要です。屋上にあるレストランからベルリン市街をゆったりと眺めながら、お茶や食事を楽しむのもすてきですね。

 世界中にある都市の展望スポットなど、プランを立てるときに役立つヒントは、『続 いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』(日経ナショナル ジオグラフィック社刊)をご覧ください!

『続 いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500』
(ジェレミー・アランほか著、関利枝子、北村京子訳、日経ナショナル ジオグラフィック社)


見たこともない風景や野生動物を堪能できる場所や、まだあまり知られていないリゾートから、パリやニューヨークなど定番の観光地にある意外な名所やお得な情報まで。旅の満足度をアップするアイデア満載の1冊です!
ナショジオストア アマゾン 楽天