壁紙

知床半島で流氷の天井につかまるカメラマン

知床半島。氷の天井につかまるカメラマンの助手。流氷はときに厚さ7メートルにもなり、冬の海を覆う。10年前、この海域は1年のうち平均90日間も氷に閉ざされていたが、最近は日数がかなり減っている。
写真= Brian Skerry

2010年11月号「日本縦断 3つの海と魚たち」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 犬ぞり、スピッツベルゲン島
  • アラバ岬、ワシントン州
  • イベリア半島固有のユリ
  • 華川の夜明け
  • 氷に乗って漂うホッキョクグマ
  • ハイランド牛、スコットランド
  • ダムに沈んだ古代遺跡(ポルトガル)
  • 水面から顔を出したアオウミガメ
  • 一本の木、アーチーズ国立公園