宇宙と深海。まるで正反対に見えるフィールドに、実は共通点がある。
 だったらいっそ一緒に研究しませんか、という試みはすでに始まっている。

「こういった社会の動きとも重ね合わせてドラマを見ていただければと思います」(山本監督)。

 ドラマにも、その現実社会を反映させたようなサプライズが用意されている。
 JAMSTECから、同研究所で最も有名な研究者・高井研さんが、そして宇宙航空研究開発機構(JAXA)から初代「はやぶさ」のプロジェクトリーダー・川口淳一郎さんが、本人役で出演するのだ。Don't miss it!!

 山本監督は過去に「ふたりのスピカ」という、宇宙飛行士を目指す女性を主人公にしたドラマを手がけたことがあり、その際に、撮影に協力したJAXAを取材している。
 JAMSTECもJAXAもどちらも国を代表する研究機関だが、その印象の違いはというと「しんかい6500の整備場の印象が強いせいか、JAMSTECの方が町工場に近いですね」。

 その山本監督に、「海に降る」の見所を改めて聞く。

「まず、深海の映像です。それから、しんかい6500のような有人潜水調査船に研究者が乗って、潜って、深海の様子を直接、目で見ることにどれだけの意味があるのかという問いに対しても、答えを出したつもりでいます」

 放送はWOWOWで、毎週土曜夜10時から(全6話)。

「普段目にすることこない深海の世界をこの作品を通じて少しでも体感してもらえたら」と山本監督(撮影=的野弘路)
「普段目にすることこない深海の世界をこの作品を通じて少しでも体感してもらえたら」と山本監督(撮影=的野弘路)
[画像をタップでギャラリー表示]

WOWOW 連続ドラマW『海に降る』
10月10日(土)夜10時スタート(全6話)
出演:有村架純 井上芳雄 時任三郎 原田知世 遠藤憲一ほか

片瀬京子(かたせ きょうこ)

1972年生まれ。東京都出身。98年に大学院を修了後、出版社に入社。雑誌編集部に勤務の後、09年よりフリー。共著書に『誰もやめない会社』(日経BP社)『ラジオ福島の300日』(毎日新聞社)など。

この連載の前回の
記事を見る