――こんにちは。三輪さんは普段、どんな研究をされているんですか。

「海中で使う化学センサーの研究開発をしています。海水中の二酸化炭素の量や酸性度、それからATPという、細胞に蓄えられているエネルギーの量などを測定するセンサーです。」

――海を化学的に測定すると、どんなことが分かるようになりますか。

「オーシャンヘルス、つまり、海の健康度が分かるようになります。地震の観測などに使われる物理センサー並に、数や精度を充実させようとしています」

――化学センサーを海中で使う難しさはどこにありますか。

「校正をする必要があるものが多いので、一度設置したら、もう手が出せないところです…」

――よく分かりました。ありがとうございました!

 ドラマ「海に降る」では、井上芳雄さん演じる研究者・高峰浩二が、少路勇介さん演じる研究者・佐竹巧の部屋にしんかい6500の潜航記録を確かめに来るシーンがあるが、その現場は三輪さんの部屋だ。

 このドラマでJAMSTECが担っているのは、ロケ現場の貸し出しだけではない、しんかい6500やその母船よこすかを使っての撮影の立ち会いや、パイロットや研究者による演技考証も行っている。俳優陣の言葉遣いや実験器材の扱い方は、JAMSTECのお墨付きだ。

 パイロットが着る潜航服も、本物そっくりにつくられている。しかもドラマ用の潜航服の胸のワッペンは、しんかい6500ファンの方が運航チームにプレゼンとしたワッペンがもとになっているという。JAMSTEC通はこうした点にも注目して、ドラマをご覧いただきたい。

しんかい6500をバックに研究者・高峰浩二(井上芳雄さん)と天谷深雪(有村架純さん)の整備場でのワンシーン
しんかい6500をバックに研究者・高峰浩二(井上芳雄さん)と天谷深雪(有村架純さん)の整備場でのワンシーン
[画像をタップでギャラリー表示]

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る