番外編 ドラマ「海に降る」の撮影現場に潜入してみた

第1回 JAMSTECがドラマになったって?!

背中に「海に降る」と書かれたスタッフTシャツ。主演の有村架純さんがドラマスタッフ全員に贈ったという(写真=的野弘路)
[画像のクリックで拡大表示]

 JAMSTECのとある建物の階段を意気込んで上がりドアを開けると、そこには十数人がいて、全員が無言だった。注がれる視線から、声を出してはならないことが分かる。無言の人々のうちの何人かが、背中に「海に降る」と書かれたTシャツを着ている。このTシャツは主演の有村架純さんからスタッフへ贈られたものだ。 しばらくすると空気が一斉に動き、撮影スタッフたちも口々に話し出す。

 今日の撮影現場は、研究棟の3階の角部屋。窓から海が見える研究室だ。その研究室にみっしりと、人人人。ドラマの撮影現場は想像以上にスタッフの数が多い。それぞれが自分に与えられた仕事をてきぱきとこなしていて、プロによるチームという雰囲気に充ち満ちている。船みたいですねと小声で言うと「そうなんですよ」とJAMSTEC広報担当の吉澤理さんが頷いた。

 しかし、JAMSTEC全面協力とはいえ、研究室まで貸し出すことはないのではないだろうか。これなら、セットでも対応できそうだし。

「いえいえ、研究室には研究室にしかない備品もありますし、JAMSTECの外に持ち出すには手続きが必要なものもありますから、リアリティを出すためには、ここで撮影していただいた方がいいんです」

 吉澤さんが説明してくれる。

 なるほど、なるほど。
 でも、現在撮影中のこの部屋の本来の住人はどなたで、今はどちらにいらっしゃるんでしょう。と思っていたら、ちょうど廊下を通りかかったところをキャッチできた。

 JAMSTEC海洋工学センター海洋技術開発部先進計測技術グループ、グループリーダーの三輪哲也さんだ。

とある日のロケ現場。研究棟の一室で行われた(写真=的野弘路)
[画像のクリックで拡大表示]