壁紙

空から見た風景、放牧された家畜たち

乾季の間、ナイル川支流付近に広がる氾濫原では、たくさんの家畜が放牧される。こうした家畜はディンカ族の生活を支える基盤だ。夜間は家畜泥棒から守るために囲いに入れられ、日中はこうして外に連れ出されて草を食べる。
写真= George Steinmetz

2010年11月号「南部スーダン 独立への苦闘」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 空から見た風景、放牧された家畜たち
  • オットセイとカニ、ガラパゴス
  • 川をさかのぼって産卵するブルトラウト (カナダ)
  • 絶滅寸前のアジアチーター
  • クロコダイルの歯、セレンゲティ
  • 水面から飛び上がったコウテイペンギン
  • 雲の切れ間に浮かぶウッド・リバー山脈(米国アラスカ州)
  • ゾウの列、南アフリカ共和国
  • メキシコオヒキコウモリの大群(米国テキサス州)