壁紙

雲の切れ間に浮かぶウッド・リバー山脈
(米国アラスカ州)

嵐が去った後のウッド=ティクチック州立公園。雲の切れ間から差し込む光が、ウッド・リバー山脈とナーカ湖の入り江を照らし出す。ペブル鉱山予定地の西にあたるナーカ湖は、サケの重要な産卵地だ。
写真= Michael Melford

2010年12月号「シリーズ 地球と、生きる アラスカの選択――サケか、鉱山か」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 湿地のアート(台湾)
  • 中米 メソアメリカン・リーフの生きものたち 5 サンゴの穴から顔を出したコケギンポの仲間
  • ハス、京都
  • 稲妻、イラン
  • リオ、ボタフォゴ地区の夜景 (ブラジル・リオデジャネイロ)
  • ビッグベン
  • 研究のために捕まえたサケやマスの稚魚 (米国アラスカ州)
  • 中米 メソアメリカン・リーフの生きものたち 4 生命の“ゆりかご” マングローブ林
  • シルクロード、キルギス