• TOP
  • フォト
  • 壁紙
  • 雲の切れ間に浮かぶウッド・リバー山脈(米国アラスカ州)

壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雲の切れ間に浮かぶウッド・リバー山脈
(米国アラスカ州)

嵐が去った後のウッド=ティクチック州立公園。雲の切れ間から差し込む光が、ウッド・リバー山脈とナーカ湖の入り江を照らし出す。ペブル鉱山予定地の西にあたるナーカ湖は、サケの重要な産卵地だ。
写真= Michael Melford

2010年12月号「シリーズ 地球と、生きる アラスカの選択――サケか、鉱山か」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

ナショジオクイズ

Q:現在のEVとはまったく違いますが、電気で走る車はエンジンで駆動する車が登場した頃からありました。その当時、電気で走る自動車を手がけていた自動車工学者といえば誰でしょう?

  • ルイ・シボレー
  • エンツォ・フェラーリ
  • フェルディナント・ポルシェ

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ