/nng/article/20121024/327989/

イラン・イラク戦争のさなか、家族を失い、孤児院で生活をしていた少女がいた。若き養母とともに来日した彼女は、貧困やいじめに耐えながらも麗しく成長し、やがて女優への道を目指す。サヘル・ローズさんの波乱の半生とともに、日本人にはなじみの薄い中東の国イランと、その国民性について話をうかがった。(インタビュー・文=高橋盛男/写真=藤谷清美)

1~ 4件を表示/4件中