フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナショナル ジオグラフィック日本版 2012年11月号

砂の波 美しき造形

  • ルート砂漠 イラン<br>危険な風が吹き、砂が舞う大砂丘の上空をパラグライダーが滑空する。パイロットは世界チャンピオンのアラン・アルヌー。写真家ジョージ・スタインメッツの撮影飛行に10回以上同行し、世界各地の砂漠を空撮するプロジェクトを支えた。
  • ルブ・アルハーリー砂漠 サウジアラビア<br>できてから日の浅い砂丘は流動的で、その形は流麗な書を思わせる。後方にそびえる大きな星形砂丘は、この先数十年は姿を消すことがないだろう。
  • 太平洋岸の砂丘 ペルー<br>中部の太平洋岸では、人里離れた海辺の砂漠に吹きつける強い南風が、鎖のような砂丘を刻む。砂丘を形づくる大量の砂は、波が海から運んで来たものだ。
  • バダインジャラン(巴丹吉林)砂漠 中国<br>高さ約300メートルの星形砂丘が点在し、その谷間に塩水湖が青い宝石のような輝きを放つ。内モンゴル自治区のこの一帯でヤギやヒツジを飼う人々は、湖の水源である泉を頼りに生きている。
  • 太平洋岸の砂丘(ペルー)<br>バルハン砂丘<br>バルハンとはテュルク語で「三日月形の砂丘」。砂(すな)砂漠の周縁に見られ、一方向から吹く風により形成される。
  • サハラ砂漠(チャド)<br>セイフ砂丘<br>セイフとはアラビア語で「剣」。鋭い峰が連なった砂丘で、砂の量が中程度、風向きが多少変化する地域で形成される。
  • ルブ・アルハーリー砂漠(サウジアラビア)<br>星形砂丘<br>数本の腕を持つピラミッド型の砂丘。季節によって風向きが変わる土地で見られ、高さ300メートルを超すことも。
  • ワジ・ハザル イエメン<br>巨大な砂丘が崩れ、分裂していく過程を思わせる光景は、ルブ・アルハーリー砂漠に特有の不可思議な現象だ。風のパターンが変化して、こうした現象を引き起こすのかもしれない。
  • サハラ砂漠 アルジェリア<br>ティミムン近郊のオアシスでは、村人がヤシの葉で作った塀で庭を囲い、絶えず押し寄せてくる砂の侵入を防いでいる。塀の外に、風に吹き寄せられた砂がたまっている。
  • ナミブ砂漠 ナミビア<br>徐々に建物に侵入してくる、砂の波。コールマンスコップの町はかつてダイヤモンドの採掘で栄えたが、1950年代には廃墟(はいきょ)となった。町はいずれ砂に埋没する可能性がある。
  • サハラ砂漠 モーリタニア<br>砂漠を訪れた観光客がラクダの背に乗り、砂丘の迷路を縫うように昔の隊商路をたどる。時折、砂嵐が吹いて砂丘の形を変えてくれるから、景色に見飽きる心配はない。

フォトギャラリー一覧へ

ナショジオクイズ

国会議員に占める女性の割合が61%と193カ国の中で最も高い国がルワンダ。では、日本はどれくらいの割合で何位でしょうか?

  • 39.7%で16位
  • 23.5%で78位
  • 10.2%で165位

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ