陸上動物の中で最速として知られるチーターだが、生息域の縮小などを背景に、種の存続が危ぶまれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

追い詰められるチーター

陸上動物の中で最速として知られるチーターだが、生息域の縮小などを背景に、種の存続が危ぶまれている。

文=ロフ・スミス 写真=フランス・ランティング

 陸上で最速の動物といわれるチーター。だが、観光産業の拡大、ライオンの脅威、牧畜業による生息地の縮小などの影響で、種としては存続の危機に直面している。アジアやアフリカでの実態をレポートするとともに、したたかに生きるチーターの多彩な能力を紹介する。

編集者から

 記事の中で、チーターの雌について、「同時に出産する子の半数は父親が異なる」という説明が出てきます。人間を基準に考えてしまうと、「そんな筈はない。もしや、誤訳では?」と、目を疑ってしまいます。でも、そうじゃないんですよね。生命の不思議に思わず“感嘆”です。(編集H.O)

この号の目次へ

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 春期受講生募集中 詳しくはこちら

ナショジオクイズ

Q:イタリアの海の中に建設されたこれら建物の用途は?

  • 海中食堂
  • 海中公園
  • 海中農場

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ