やはり、角のログキャビンは、ヴァケーション気分で泊まるにはいいけれど、生活するにはファンシー過ぎるのだ。

 これから薪ストーブで料理をすることになるだろうし、きっと私のことだから、ストーブの周りを洗濯物の干し場にしてしまうだろう。

 そんな生活の場に、お客様用の可愛いフリフリのカーテンやら、薔薇の絵柄シーツを敷いたベッドやらがあっては、逆に落ち着きがない。

 奇麗な服を着せられて、思い切り遊べない子供になってしまうだろう。

 そもそも私は、カナダやニュージーランドにまで行って、牧場の生活を始めてしまうほど、根っからの地味作業好きなのである。

 手洗い洗濯、火熾し、直火料理、風呂焚き。昔の面倒な生活が、なぜか好き。生きている感じがして面白いと思っている。

 それに、スティーブがこの部屋を私に選んだ理由も納得だった。

橇犬たち。(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る