第9話 穴熊式、掘っ立てベニヤ小屋暮らし

 ロッジや角のキャビンでは、広過ぎて暖房費がかかり過ぎるけれど、小さな小屋であれば、暖房効率が良い。

 ロッジのメインストーブなど、薪をくべると言うよりも、丸太をゴロンと入れなければならない大喰らいである。それは、やはりもったいないのだ。

 そもそも私は、大きな家よりも、熊の巣穴のように小さいスペースの方が、なんとなく心が落ち着くし、テントや船の船員キャビンなどで寝るのも好きである。

 思い起こしてみると、子供の頃に覚えた将棋さえも、いつも私の作戦は穴熊囲いだった。

 始まったらすぐに、将棋盤の端の狭い場所に引っ込んでホッとしていたのである。

(写真クリックで拡大)