私も腸内健康や肌の保湿のために、1日2リットルの水の摂取を心掛けているけれど、味の無い水道水では飲むのも辛くて、スポーツドリンクの粉やブドウ糖を溶かして飲んでいる。

「でも、たった1回だけなの?」

 1日1回ということに腑に落ちない私に、スティーブは一言で言い切った。
「それが橇犬なんだよ!」

 犬橇の季節は、全てが凍る零下の真冬である。

 雪と氷だけの世界では、水を凍らないように持ち歩くことが難しい。

 水が必要なときは、燃料を焚いて、雪や氷を解かさなければならないのだ。そうなると、犬たちに何度も水を飲ませてあげることができない。

 だから、1度の摂取で必要分の水分を取る。

 そういう風に、橇犬たちは普段から訓練されているのだ。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る