第8話 どろどろスープの真実

「水を飲まないのに、死なないワケが……、ある?」
「あるよ」
「え?」
「ちゃんと、水分は取れているじゃないか」

 どういうことだろう?

「君、ドッグフードをお湯でふやかしたどろどろスープを犬たちにあげただろう?」
「イエス、あげた」
「あれが、犬たちの1日の水分さ」
「スープが?」
「そうだよ。橇犬というのは、実は普通の犬より多くの水分を必要とするんだ」

「だったら、余計に水を与えなきゃ」私は強く進言した。

「だけどね、橇犬たちが摂取しなければならない水分量を、味の無い水道水で飲ませるのは難しいことなんだよ。飲めと言ったって、犬たちは味の無い水をガブガブ飲んでくれないよ」
「確かに……、私も朝一のコップ1杯の水も、飲むのが辛い」
「だから、ドッグフードを溶かしてドロドロにしたスープを作って1日に1回、1日の必要な水分を1度で摂取させるんだ」

 そうか……、なるほど。