第63回 黒餡は実は「新顔」だった? 中秋月餅の意外な話

 実は、今回の探検は先週末に決行。
 というのも、暑い暑いと思っているうちに、ふと気が付くと9月も終わり。中秋の名月の日(今年は9月30日)がやってきてしまったからだ。

 お月見に付き物の海外お菓子といえば月餅。日本では月見団子を食べるが、中国をはじめとする中華圏の国・地域では小麦粉を使った生地の中に餡が入ったお菓子・月餅を食べる習慣がある。これは探検せずにはいられない。そこで、名月当日の横浜中華街に繰り出したというわけ。

 この日はあいにく台風が関東を直撃、いつもは大混雑の一大観光名所も人影がまばら。でも、逆にこれ幸いと次から次へとお店に入って月餅をチェックしてきました。

 月餅は、中国在住の友人にもらったものも含め、何度か食べたことがある。「餡の中にアヒルの卵の黄身の塩漬けが入ったものが、中秋限定の月餅(中秋月餅、中国語で月餅はユエピン)よ。黄身を月に見立てているの」と友人が教えてくれた。