というより、グルグル巻きになった犬たちを解いてやるのが余計な手間となる。

 遊んで、遊んで、
 頭撫でて、撫でて、
 こっち来て、こっち来て、

 ……が、43匹。

 あまりにも悩ましく甘えた声を出して嘆願してくるので、1匹ずつ頭を撫でてやると、嬉しさのあまりに体当たりしてくるわ、ジャンプして顔面に頭突きを喰らわせてくるわ、クネクネ体をこすり付けて重たい体重をかけてくるわで、橇犬たちというより、甘えん坊のモンスターである。

 1匹や2匹ならそれもいいけれど、43匹という集団となれば破壊力がある。

 しかしながら、1匹でも頭を撫でてやると後には引けない。

 なんだか、「不公平ではかわいそうだ」という思いに駆られてしまって、結局、全員の頭を撫でてあげると、まるで元気一杯の幼稚園児の遊びに付き合った後のように、くたくたになってしまった。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る