ここの犬たちは、よほど人間が好きなようで、かまって欲しくて仕方がない。人間の姿を見ただけでも、いてもたってもいられずクルクル、クルクルと走り回って、しまいには回り過ぎて支柱にグルグル巻きになって身動きがとれなくなっているのも多い。

「あちゃ~」
 目も当てられない犬が、3、4匹……。と思っていると今度は、
「こっちに来て、こっちに来て」と両手を伸ばして、伸ばし過ぎて首輪が首に食い込んで首吊り状態になっている犬が、あちら、こちら。

 喜んでくれるのは嬉しいけれど、そんなになってまで喜ばなくてもいいです。

(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る