とかく人生、面白く生きたいと思っている私にとっては、初めてというのが、何よりも楽しくて面白い。

 未経験だからこそ、全てのことに動揺して、感動して、心配して、悩んで、怒って、笑って、喜んで、人間の感情という感情が総動員して忙しくなる。それが、刺激的なのである。

 そうと心が固まれば、後は簡単。早く犬たちに会いたい。

 トーニャは、飛行機が飛び立つ前に、スティーブという男性が私のことを案内してくれると言っていた。

 約束どおり、その彼がやって来て、ここからはボートで湖を横断すると言う。

 トーニャの敷地は、滑走路のある村からまだ遠くに行かなければならず、船に乗り込むと、まるで大海原のように大きなミンチュミナ湖を横断するようにひた走った。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る