――海外の人と登るのは初めてでしたよね? ひとりで躊躇しなかったのですか?

 日本人の友人から一緒に行こうと誘われたのです。英語が堪能な友人が行くからくっついて行けばいいや、と。ところが彼女が直前に行けなくなってしまったんです。日本人は私ひとりでしたが、スペイン、オーストラリア、ラトビアなど、いろいろな国の人がいました。このような国際公募隊での登山はヨーロッパでは当たり前に行われていますが、日本で参加している人はあまり見かけないですね。

――初めてひとりで参加した国際公募隊での登山。どうでしたか?

 とにかく楽しかったです。ナンガでは、ラルフは主催者、私たちはお客さん。私たちを楽しませようとしてくれるんですよね。たとえば食事のときはテーブルセットがされて、お花がいけてあったりする。メンバーのバースデーにはケーキを焼いてくれたり、ときにはダンスパーティがあったり。私は日本の体育会系な組織登山しか知らなかったので、そういう登山が楽しくて仕方なかったです。ラルフや他のゲストと別れる時は辛かったですよ。

(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る