第60回 日本初上陸! ハワイの人気かき氷の楽しみ方

 本店のホームページに掲載されている現地のフレーバーで目を引いたのが「ルートビア」。ルートビアとは、様々な薬草の樹皮や根などから作るノンアルコールの炭酸飲料だ。アメリカのあるコーヒーチェーンが日本に上陸したばかりの頃、このフレーバーのアイスクリームを販売していたことがあり美味しかった覚えがある。現地での人気を聞いてみると、「クセのある味ですが、一部の人に根強い人気がありましたね。これを頼む人は他のシロップと混ぜず、これだけをかき氷にかけることが多かったですよ」と西野さん。ハワイに行ったら食べてみたいものです。

 作ってもらったかき氷を食べてみた。「フワフワですね」とユカリ隊員が声を上げる。南国モードの極彩色のかき氷の下に、あずきやアイスが隠れているのが楽しい。味わいにも変化が出るので個人的には、トッピングはマスト、と思いました。ちなみに、現地ではアメリカ人のお客さんも、ごく普通に「あずきを追加して」って頼むそう。また、「かき氷が大きいのでハワイでは、日本のお客さんは大抵2人で1つ食べるというスタイルですけれど、現地の人は1人で1つ食べますね」と西野さん。

このお店で一番人気のストロベリー、レモン、パイナップルシロップをかけた「レインボー」を作ってもらっているところ。黄色のシロップがレモン(左)、青がパイナップル(右)(写真クリックで拡大)
更に赤いストロベリーシロップをかけて(左)、完成(右)! (写真クリックで拡大)