第60回 日本初上陸! ハワイの人気かき氷の楽しみ方

 選んだのは、「レインボー」と呼ばれる定番の人気コンビネーション。ストロベリー、レモン、パイナップルのシロップをかけたものだ。ちなみに、ハワイのマツモトシェイブアイスには40種ものシロップがあるが、「レインボー」のような定番の組み合わせの他に、3種までは好きなシロップを組み合わせることができるのだという。今回の期間限定店では人気のシロップ5種(ストロベリー、レモン、パイナップル、バナナ、ココナッツ)を提供しているが、本店と同じように、定番コンビネーション以外でも、3種までは好きな組み合わせでシロップをかけることができるそうだ。

 「シロップをかけるのも、なかなか難しいんですよ。特に3種のシロップをかけるときは、シロップが重なり合う部分がきれいに見えるようにかけなきゃいけない。美味しく食べられるよう、シロップの量にも気を使います」と西野さん。彼に好きなフレーバーを聞いてみると、「だんだん、ストロベリー(赤)、バナナ(オレンジ)、レモン(黄)とか、色がきれいに出る組み合わせに凝るようになるんです」。かき氷の世界は奥が深い。

ボール状かき氷を作っているところ。続々とかき氷機からかき出される氷を大ぶりのスプーンですくって、まとめあげていく。(写真クリックで拡大)
スプーンを使って最終的に表面を固めているところ。これを紙容器の上に載せ、前ページの写真のようなプラスチックカップに入れて出す(写真クリックで拡大)