壁紙

アンマンのヘラクレス神殿跡
(ヨルダン)

ヨルダン アンマン
かつてのローマ帝国領の最果ての地にそびえる建築物。紀元160年頃、ここアンマンのヘラクレス神殿には高さ12メートルを超える彫像が立っていたとみられる。写真右端の指はその彫像の一部。アンマンは、当時のローマ人にはピラデルピアという名で知られていた。
写真=Robert Clark

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 霧の中の木、ドイツ
  • シカ、チェコのシュマバ国立公園
  • モンテ・ペルディード、スペイン
  • 乾燥した草原でよく見かけるセイキチョウ(モザンビーク)
  • ピンク色の壁を背に立つ2羽の鳥(インド・スラト)
  • テスト潜行する「ディープシー・チャレンジャー」
  • フォークとハスの芽でつくられたオブジェ(インド)
  • にらみ合う、2頭の雄のジャコウウシ(ロシア・ウランゲリ島)
  • 農家にとっては天の恵みとなる夏の雷雨(パレスチナ)