第5回 ゲリラ豪雨や竜巻の被害を減らすには

(写真クリックで拡大)

 連載の冒頭で紹介した通り、真木さんが所属する防災科学技術研究所は、「気候変動に伴う極端気象に強い都市創り」を推し進めるプロジェクトの中核機関だ。真木さん自身のテーマは、極端気象をもたらす積乱雲の発生やふるまいについてであり、とりわけ日本の都市部では重大な問題であるゲリラ豪雨には力を注いできた。また、観測手段として様々なレーダの開発にも携わってきた。

 では、プロジェクトの前提である「気候変動」、目標である「極端気象に強い都市」はどのように見据えられているのだろうか。

 真木さんに語っていただき、興味がつきないこのテーマの結びとしたい。

 最初に気候変動について。

2012年9月号特集「猛威を振るう異常気象」
本誌では世界の異常気象についてレポートしています。フォトギャラリーもあるWebでの記事の紹介はこちら。ぜひあわせてご覧ください。