ダイジェスト

 7月12日、この日九州北部を襲ったすさまじい豪雨に対し、気象庁は「経験したことのなような」という新しい表現で警戒を呼びかけた。こうした“数十年に一度”しか起きないような豪雨は、ここ日本でも増加しているという。気象庁が分析したデータを基に、その傾向を探る。

編集者から

 最近、今の空の様子を登録者同士で情報交換できるアプリをインストールしました。直近1時間の天気を知りたいときは、隣の町の天気を参考に。情報をただ待っているのではなく、それぞれの利点を生かして活用することも大事ですね。

「猛威を振るう異常気象」特集のサイドバー「日本列島 増える豪雨」本文は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」9月号誌上でお読みいただけます。