第31回 巨大カブトムシとの出会い

ヘラクレスオオカブト(甲虫目:コガネムシ科:カブトムシ亜科)のオス
A male hercules beetle, Dynastes hercules
リーゼントのように長~く前に伸びた上のツノ。体長が世界最大のカブトムシで、ツノの先まで入れると17センチほどになるものがいるそうだ。下のツノを上下に動かして、上のツノとで挟む動きをする。
体長:145 mm 撮影地:モンテベルデ、コスタリカ(写真クリックで拡大)

 たまには大きな昆虫も・・・と編集長。夏休みだし、それもアリかな~ということで、この際大きな昆虫とは言わず、ドデカイ昆虫、しかも人気者のヘラクレスオオカブトとエレファスオオカブトをご紹介。

 ヘラクレスは体長世界一、エレファスは重さ世界一のカブトムシ。どちらも日本のペット屋さんで売っているそうだが、コスタリカでは、自然の中でいきいきとそれぞれの生活を営んでいる。

 そんな自然の中でぜひ出会ってみたい!という虫好きの人は多いようなのだが、大きな昆虫にあまり興味を示さないぼくは、この両者に出会っても「うわ~デカイ~、ハイおわり」という感じだった。

 でも、幼いころ日本のカブトムシを飼ったことがある。出会いは7~8歳の頃の夏休み、家の前のドブ掃除をして遊んでいたときだった。水位が減っていたドブ川のコンクリートの壁に、カブトムシのオスが1匹、ポツンとくっついていた。その光景は今でもはっきり覚えている。

 家の周りはカブトムシなんか生息しているはずがない環境だったので、見つけたときはビックリ仰天の不思議さとうれしさに胸が躍りあがった。たぶんペットとして飼われていたのが、どこからか逃げてきたのだろう。でも、それが日本の野外でカブトムシと出会った最初で、今のところ最後の体験である。

ヘラクレスオオカブト(甲虫目:コガネムシ科:カブトムシ亜科)のオス
A male hercules beetle, Dynastes hercules
ツノのアップ。メスを獲得するためのオス同士の戦いなどに使う。そんなツノを保護するかのように、やわらかいブラシのような茶色い毛が生えている。毛をちょっとでも触ると、オスは威嚇するかのように体を力強く振り動かす。
体長:145 mm 撮影地:モンテベルデ、コスタリカ(写真クリックで拡大)
エレファスゾウカブト(甲虫目:コガネムシ科:カブトムシ亜科)
Elephant beetles, Megasoma elephas
エレファスオオカブトがたくさん集まる木が、田舎町の住宅街に数本生えている。別名「カブトムシの成る木」。オスとメスが数十匹、木々のあちこちにいて、樹液をなめている。周辺には森がなく、広大なバナナ園が広がっているので成虫の餌となる木々はほとんど生えていない。
撮影地:シキレス、コスタリカ(写真クリックで拡大)
エレファスゾウカブト(甲虫目:コガネムシ科:カブトムシ亜科)のオス
A male elephant beetle, Megasoma elephas
成虫の重さ世界一のエレファスゾウカブトは重さ50グラムほどになる。特徴は、前に長く伸びたツノ、ずんぐり大きい体、長い前脚、体を覆うビロードのような薄茶色の毛で、カブトムシの中の「ゾウ」といった感じが伝わってくる。
体長:120 mm 撮影地:シキレス、コスタリカ(写真クリックで拡大)
エレファスゾウカブトの幼虫
A larva of elephant beetle, Megasoma elephas
幼虫は朽木を食べる。幼虫の重さは成虫の3倍、約150グラムにもなる。コスタリカでは、卵から成虫になって地中から出てくるまで約2年かかるそうだ。
体重:約150 g 撮影地:サント・ドミンゴ・デ・エレディア、コスタリカ(写真クリックで拡大)

『ミラクル昆虫ワールド コスタリカ』 西田賢司

西田賢司さんの連載「コスタリカ昆虫中心生活」が本になりました!
スゴイ虫からヘンな虫、美しい虫まで、生物多様性の国コスタリカの魅力満載。デザインは寄藤文平さんです。

定価:1800円+税、128ページ、オールカラー

ナショジオストア アマゾン
西田賢司

西田賢司(にしだ けんじ)

1972年、大阪府生まれ。中学卒業後に米国へ渡り、大学で生物学を専攻する。1998年からコスタリカ大学で蝶や蛾の生態を主に研究。昆虫を見つける目のよさに定評があり、東南アジアやオーストラリア、中南米での調査も依頼される。現在は、コスタリカの大学や世界各国の研究機関から依頼を受けて、昆虫の調査やプロジェクトに携わっている。第5回「モンベル・チャレンジ・アワード」受賞。著書に『わっ! ヘンな虫 探検昆虫学者の珍虫ファイル』(徳間書店)など。
本人のホームページはhttp://www.kenjinishida.net/jp/indexjp.html