壁紙

かつての「黄金の都」トンブクトゥ
(西アフリカ・マリ)

全盛期には5万人の人口を擁したトンブクトゥ。通りにはラクダの隊列が数キロにもわたって延びていた。現在も人口はさほど変わらないが、隊商たちの姿はすっかり消えた。
写真=Brent Stirton

2011年1月号「トンブクトゥ探訪記」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 実は身近なものの種です
  • 神殿に残るクレオパトラ
  • セントロ・ハバナ、キューバ
  • トラ、チェンマイ
  • ポルトガルの清流で水遊び
  • 海鳥たちの絶壁(ペルー)
  • ナイル川の島に建つ神殿
  • クジラの背骨を物色するホッキョクグマ
  • 異界への入り口