壁紙

先住民の聖地「マト・ティピラ」
(米国ワイオミング州)

白人がデビルズタワーと呼ぶワイオミング州の岩山、マト・ティピラ(「クマのすみか」の意)の近くで9歳のワキニャン・トゥー・ブルズが祈りの旗を木に結びつける。過去の不公正を正そうとするオグララ・ラコタ族の祈りと闘いの場は、パインリッジ居留地から遠く離れた土地にも広がっている。
写真=Aaron Huey

2012年8月号「米国先住民の苦闘と希望」のダイジェスト&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 夕闇に包まれるムスタン王国の都市ツァラン (ネパール・ムスタン郡)
  • フラミンゴ、ボリビア
  • 1915年当時のサグラダ・ファミリア (スペイン・バルセロナ)
  • 二ツ島、茨城
  • 空から見たアラスカ、サウス・フォーク川 (米国アラスカ州)
  • 中米 メソアメリカン・リーフの生きものたち 6 カツオの卵を目当てに集まるジンベエザメ
  • 洞窟へ 高さ50メートルの絶壁を登る (ネパール・ムスタン郡)
  • カバ、タンザニア
  • 湿地のアート(台湾)