ギリシャレストラン「エーゲ海」の手作りグリコ・クタリウを食べてみた。ダークチェリーを使った砂糖煮だ。フルーツ感たっぷりで美味しい。とても甘いのだけれど、さらっとした味わい。ひとさじだけじゃなく、もっと欲しくなる味だ。

 さて、ギリシャと言えば最近日本では、ギリシャヨーグルトなるものに人気が出ている。ヨーグルトを水切りして通常の3倍ほどに濃縮した、濃厚な味わいのヨーグルトだ。このヨーグルトにハチミツをかけクルミをトッピングしたものが、現地のレストランでもよく見かける、ギリシャの定番デザートの一つ。「ギリシャにはとても豊かなヨーグルト文化があって、種類が豊富です。牛だけじゃなくて、羊の乳を使ったヨーグルトもあるんですよ」と大倉さんが解説してくれる。

 デザートに使われるハチミツもギリシャの特産品。「現地の家庭におじゃますると、『どれがいい?』なんて、5種類ほどのハチミツが出てきたりするんです」と大倉さんは目を見開きながら話してくれる。一番ポピュラーなのは、ハーブの一種であるタイムの花のハチミツだという。一方、「エーゲ海」では、やはり現地で人気があるハチミツの一つ、もみの木の樹液のハチミツを使用。「ハチミツはとても健康にいいからね。僕はこれとシナモンを水に混ぜて毎日飲んでいるよ」とニックさんは言う。

左:ヨーグルトとろ~りとギリシャのハチミツをかけます。これは、もみの木のハチミツ。右:「エーゲ海」で使っているハチミツは、コレです(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る