とうとう、暑さも本格化。表を少し歩くだけで、汗があっと言う間に吹き出してくる。
 そこで、海外かき氷第3弾のご紹介。マレーシアのかき氷です。

 その名も「アイス・カチャン」。カチャンというのはマレー語で豆のこと。韓国のかき氷パッピンスも「小豆かき氷」という意味だった。アジアでは、豆とかき氷はとても密接な関係にあるようだ。

 アイス・カチャンを求めて、東京・池袋にある老舗マレーシア料理店「マレーチャン 1」(マレーチャン・サトゥ、サトゥはマレー語で1のこと)を訪れた。21年前にオープンしたお店で、開業当時からアイス・カチャンをメニューに載せていたという。お店のオーナーの福澤笙子さん、かき氷の準備をしてくれながら、「現地のアイス・カチャンは、すごく強烈な色合いなんですよ。日本では馴染まないから、うちのは少し違うの」と言う。

 マレーシアのアイス・カチャンには、必ず赤いバラのシロップ(現地では「ローズシラップ」と呼ばれる)とグラメラという黒いヤシ砂糖のシロップがかかっているのだという。日本人から見ると美味しそうに見えないので、グラメラシロップは隠し味にして、上からかけるのはローズシラップのみにしているそうだ。「マレーシアでは、これに更に緑色のシロップをかけたり、とにかく極彩色に仕立てるのが好きなものだから、きれいじゃないのよ」と、とてもあけっぴろげに説明してくれる。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る