ナショナル ジオグラフィック 写真セミナー
中村征夫氏 「海の生命と向き合うーそのとき写真家は何を伝えようとしたのかー」

 日経ナショナル ジオグラフィック社は、日本を代表する水中写真家である中村征夫氏を招き、写真セミナーを開催します。

 中村征夫氏は、日本をはじめ、世界各地の海で取材を続けてきた日本水中写真界のパイオニアです。海の生き物たちが見せる驚きの瞬間をとらえる一方、美しい海をつくり出す山や川といった陸地の自然、海で生きる漁師たちの暮らし、そして、人間活動による海の汚染や破壊といった幅広いテーマに取り組んできました。特に、ライフワークである東京湾、空港建設で揺れる石垣島白保、急激に進むサンゴの白化現象など、“水中報道写真家”として、さまざまな問題を印象的な写真とともに伝えてくれています。それらの作品はどのように生まれたのか、そのとき何を意図して対象と向き合ったのか、豊富な作例と共に解説してもらいます。

© 中村征夫
(写真クリックで拡大)
© 中村征夫
(写真クリックで拡大)

ナショナル ジオグラフィック 写真セミナー
中村征夫氏
「海の生命と向き合うーそのとき写真家は何を伝えようとしたのかー」

<出演者>
中村征夫氏 写真家

<概要>
日時:  2012年9月10日(月) 講演18:30~20:00 開場18:00
会場:  秋葉原 UDX ギャラリーType S(会場が変更になりました) 
     住所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX4階 
     ●会場地図はこちらをご覧ください。
     *JR秋葉原駅 徒歩2分、東京メトロ銀座線末広町駅 徒歩3分
      東京メトロ日比谷線秋葉原駅 徒歩4分、つくばエクスプレス秋葉原駅 徒歩3分
参加費: 無料(登録制)
定員:  240名
主催:  日経ナショナル ジオグラフィック社

*ご参加には登録が必要です。下記Webサイトよりお申し込みください。
*1名でのご参加、2名(ご本人と同伴者1名)でのご参加が選べます。
*先着順にて受付。定員になり次第締め切りとさせていただきます。
*出演者や内容については変更になる場合があります。

セミナーは満席となりました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

中村征夫氏 プロフィール
1945年秋田県生まれ。20歳のときに独学で潜水と水中写真を始め、後に専門誌のカメラマンを経てフリーランスとなる。国内外の海や自然、人々、そして環境などを精力的に取材。さらにライフワークとしての東京湾をはじめ、社会性のあるテーマにも果敢に取り組み、報道写真家としての顔も持つ。 88年に『全・東京湾』『海中顔面博覧会』で第13回木村伊兵衛写真賞受賞。また2007年には写真展/写真集『海中2万7000時間の旅』で第26回土門拳賞を受賞。今年創設の日経ナショナル ジオグラフィック写真賞・審査委員を務める