第3回 自然欠乏症候群が子どもをむしばむ

子どもたちが大好きなティピーも。(写真クリックで拡大)

 この町には子どもが遊ぶのにとてもいい川があるのですが、学校は子どもの川遊びを禁止しています。川で遊んでいる子を見かけたら、学校に連絡してくださいとまで言う。ひどい話です。

 子どもを自然の中で遊ばせない、自然から遠ざけるというのは、実はとても危険なことなんです。「自然欠乏症候群(Nature Deficiency Syndrome)」というのをご存知ですか。

――自然欠乏症候群?

 日本ではあまり注目されていませんが、欧米ではすごく話題になっています。ものごとに集中できない、落ち着きがなくじっとしていられない。友だちとうまく遊べない。そういう子が増えて、学校では授業が成り立たないケースまで出ている。

――注意欠陥・多動性障害(ADHD)もその原因のひとつとされていますね。

 それはこれまで、脳に何らかの障害があるためと見られて、薬物療法や心理療法がとられることが多かった。しかし、最近の研究で、自然の中で遊ぶ経験の少ない子に、そういう障害が多いことが指摘され、「自然欠乏症候群」として欧米でたいへん話題になっているのです。

 つまり、幼いときから、自然の中で遊ぶ経験を積み重ねないと、五感が十分に発達しないおそれがあるということです。