壁紙

パリのカタフィル(地下愛好家)たちが集う場所

パリの採石場になじみ深いものといえば、芸術、ビール、キノコの3つだが、カタフィル(地下愛好家)たちが「ル・セリエ(倉庫)」と呼ぶこの空間には、これらがすべて揃っている。1968年まで、ここはビールの貯蔵庫だった。19世紀に採石場からの石灰岩の採掘が終わると、パリの酒造業者たちが、涼しい地下のスペースを利用し始めたのだ。同様に、キノコの栽培も行われるようになった。しかし、ここ数十年に壁画に描かれてきたキノコは、かつて採石場で栽培されていた一般的なマッシュルームではなく、幻覚を起こさせる種類のキノコだ。
写真=Stephen Alvarez

2011年2月号「ようこそ、パリの地下世界へ」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • バハマのサメ
  • 米国の美しき川 7(アラガッシュ原生自然保護河川)
  • 町の風景、リオデジャネイロ
  • スイギュウたちの足跡
  • 米国の美しき川 6(スネーク川の源流)
  • チチェン・イッツァのセノーテ、メキシコ
  • トナカイのシルエット
  • バレリーナ、カザフスタン
  • 広大な自然(ウガンダ・クイーンエリザベス国立公園)