壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パリのカタフィル(地下愛好家)たちが集う場所

パリの採石場になじみ深いものといえば、芸術、ビール、キノコの3つだが、カタフィル(地下愛好家)たちが「ル・セリエ(倉庫)」と呼ぶこの空間には、これらがすべて揃っている。1968年まで、ここはビールの貯蔵庫だった。19世紀に採石場からの石灰岩の採掘が終わると、パリの酒造業者たちが、涼しい地下のスペースを利用し始めたのだ。同様に、キノコの栽培も行われるようになった。しかし、ここ数十年に壁画に描かれてきたキノコは、かつて採石場で栽培されていた一般的なマッシュルームではなく、幻覚を起こさせる種類のキノコだ。
写真=Stephen Alvarez

2011年2月号「ようこそ、パリの地下世界へ」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:恐竜のイメージをがらりと変え、今では恐竜研究の標準的な手法となっている医療用技術は次のうちどれでしょう。

  • 内視鏡
  • エコー
  • CTスキャン

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ