第1回 地元猟師と二人三脚で森づくり

――今、ニコルさんにアファンの森を案内していただいているのですが、明るくて若々しい森ですね。

 ここは深い藪だったところです。木も、あまりよいものがなかったので、松木さんと相談してほとんど伐採し、新しく苗木を植えました。

――松木さんとは?

 松木信義さんは、僕が黒姫のこの土地を買った26年前から、一緒に森づくりをしてきた地元の猟師。この森の番人です。

 黒姫に来たばかりのころ、山のことをよく知る地元の人と知り合いになりたかったので、僕は猟友会に入ったんですよ。松木さんとはそこで知り合いました。

26年前から松木さんと二人三脚でつくってきたアファンの森。(写真クリックで拡大)