資源の急減が問題になっているシラスウナギ(ウナギの稚魚)。(写真提供:愛知県水産試験場)(クリックで拡大)

 日本人が食べているウナギは19の種・亜種が知られるウナギの一種、ニホンウナギで、日本、韓国、台湾、中国など東アジア一帯の海域の回遊してくる。沿岸に回遊してきたシラスウナギ(ウナギの稚魚)は河川を遡上して成長し、そこで5~10年程度過ごした後に、繁殖のために河川を下って海に下る。

(写真クリックで拡大)

 ウナギは5~8月の新月の直前に、グアム島近く、西マリアナ海嶺南端付近の太平洋で産卵するとされる。卵からふ化した仔魚はほとんど自分では泳がずに海流に乗って西に移動、その後黒潮に海流を「乗り換えて」北上し、東アジア各国の沿岸までたどり着く。

 これがウナギの長く、不思議なライフサイクルだ。

 こうしてみるとウナギの生息のためには、河川の上流域や湖沼から下流域を経て公海に至る広い範囲の環境がきちんと保全されていなければならないことが理解できるだろう。河口域の干潟や浅海部分も、遡上前のシラスウナギや、海に泳ぎ出す直前の親ウナギにとって重要だとされているし、ダムや河口堰などの大構造物に阻まれることなく自由に遡上、降下ができる河川環境も不可欠である。ウナギは良好な淡水と海の環境が残されていることの指標生物の一つなのである。

この連載の次の
記事を見る