第4章 1921-1956 カラー革命と第一期黄金時代

第22回 ナショジオが見た戦前の日本(前編)

 このところ第二次世界大戦中の話をしてきましたが、少し時間を巻き戻して、今回から2回にわたり、戦争が始まる前の日本の記事を紹介します。ホントは19回でやるべきだったのに、中の人がうっかりしてました。どうもすみません。

 前に大正時代について書いたため、ここでは昭和に入ってから第二次世界大戦が始まるまでをとりあげます。しかも、1924年に関東大震災と桜島噴火のレポートが掲載されて以降、1930年まで日本がメインの記事はなかったので、すべて1930年代の記事になります。

 前にも書いたように、1930年代は世界恐慌に始まり、第二次世界大戦とともに終わる散々な10年間でした。それは日本も同じことでした。

 年号は昭和5年から昭和14年。まず世界恐慌のあおりを受けて戦前ではもっとも深刻な不況だった昭和恐慌があり、そして満州事変。国際連盟の脱退、日中全面戦争、太平洋戦争……。ざっと見渡せば、暗雲は厚くなるばかり。

 その一方で、1930年代はナショジオが精力的に世界の各地へ飛び出した黄金時代でもありました。元大統領から貧乏旅行を楽しむ若者まで、日本にも多くの筆者が訪れて、さまざまなレポートを掲載しています。そんな記事のなかから年代順にばらばらとピックアップしてみましょう。