第4章 1921-1956 カラー革命と第一期黄金時代

第21回 ナショナル ジオグラフィック協会の日常 その1

 会員にはひとつの大きなファミリーの一員として意識してもらえるように、グロブナーは力を尽くしてきました。そのおかげもあり、編集部には毎日たくさんのファンレターが届きましたが、その一方でなかには批判的な手紙もありました。

「もうヒマラヤとか氷河はやめてください」
「写真の説明がおそまつ」
「文章がひどい」
「北極と南極の記事はどうでもいい」
「先史時台の遺骨とか洞窟とか人形とかには興味なし」
「ネコを載せていない」
「退屈な話をするな」
「ヨーロッパ、アジア、アフリカの話はつまらない」
「ふさわしくない筆者がいる」

 なかでも編集長を傷つけたのは次の手紙でした。

「鳥を減らしてくれ」

 グロブナー編集長といえども、いいことばかりではなかったようです(笑)。

つづく

(Web編集部S)