壁紙

ニワトリの原種とされるセキショクヤケイ

米国ジョージア州ステーツバラ近郊の檻に並ぶセキショクヤケイ(赤色野鶏)。現代のニワトリの原種とされる。この鳥たちは1960年代初頭にインド北部で集められた個体群の生き残りで、遺伝学的に見れば、この種の最後の個体かもしれない。南アジアの生息地に人間が進出するにともない、人が飼育するニワトリと交雑し遺伝子汚染が進んでいる。
写真=Vincent J. Musi

2011年3月号「野生動物 ペットへの道」の記事&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • サトウキビ畑、プエルト・リコ
  • オオニワシドリの求愛ダンスの舞台 (パプアニューギニア・アデルバート山脈)
  • ケルプ(海藻)のなかを泳ぐカワウソ (英国・シェトランド諸島沖)
  • ミドルトン・プレイス、サウスカロライナ州
  • ワディ・アル=ヒタン(「クジラの谷」)保護区のベースキャンプ(エジプト)
  • 毒ヘビ ジェイムソンマンバの鋭い牙
  • クルグズ人の移動式住居「ユルタ」 (アフガニスタン・ワハーン回廊)
  • 初期のクジラ、マイアケトゥスの骨格
  • ソ連時代から操業する石油掘削基地 (アゼルバイジャン)