第49回 使うのは卵の黄身だけ! フィリピンの濃厚プリン

 さて前回、東京・六本木のフィリピン料理店「ニューナナイズ」で食したかき氷「ハロハロ」。トッピングされていたあるお菓子をヒミツにしていましたが、今回ご紹介しましょう。

 実は、これはフィリピン風プリン「レチェ・プラン」。レチェというのはスペイン語で牛乳、プランは米語の「フラン」がなまったもので、卵とミルク、砂糖を使って焼くなどしたお菓子を指す。フィリピンは長らくスペインやアメリカの植民地だったので、言葉にも大きな影響があるのだ。

 レチェ・プランは、フィリピンでとてもポピュラーなお菓子で「女性は大好きですね」と店主のセシル青木さん。ハロハロのトッピングとしても人気だそう。トッピングとなった場合はもちろん、他の具と一緒に原形をとどめないぐらいまぜこぜにして食べるのであります。