このトピックスでは、スカパー!やケーブルテレビなどでご覧いただける「ナショナル ジオグラフィック チャンネル」の、今月のハイライト番組をご紹介します。

 失われた文明にまつわる伝説は、いつの世も人々の心を引きつける。広大な太平洋に点在するポリネシアの島々。そこにはかつて古代文明の中心地として栄えた大陸があり、イースター島の人々はその末裔(まつえい)なのか―。考古学や地質学の分野で得られた最新の知見や、何世紀も語り継がれてきた伝説、航海技術を手がかりに、幻の大陸の謎を追う。

 イースター島の人々は、祖先が「ヒバ」と呼ばれる大陸から来たと信じている。大陸は大災害で海に沈み、祖先はそこから逃れてきたというのだ。北西へおよそ3500キロの洋上にあるマルキーズ(マルケサス)諸島はかつて、ポリネシアの人々から「ヒバの島々」と呼ばれていたが、失われたヒバ大陸の一部なのだろうか。番組では壮大な謎とともに、南洋の島々が生んだ海洋文化の豊かさ、偉大な航海者たちの活躍なども描き出す。

『イースター島:祖先の謎』
初回放送:7月29日 23:00 ~ 24:00

「ナショナル ジオグラフィック チャンネル」のサイトはこちら