VISIONS

100年前の鳥の卵

米国ネブラスカ大学州立博物館に収蔵された、100年以上前の鳥の卵。右端の大きな卵はシロエリガラスで、左端の青みがかった卵はモリツグミだ。小さな穴は中身を取り出すために開けられた。
写真=Joel Sartore

2012年7月号の内容紹介はこちら

VISIONS一覧へ

「VISIONS」最新記事

  • コチョウゲンボウの狩り
  • ツンドラの子どもたち
  • 雪のアフガニスタン
  • 仕事に出かける若者
  • 炎に包まれた馬
  • 巡礼者で埋まった大モスク
  • 網を巧みに操る漁師
  • すやすや眠る男の子
  • ロープウェーで綱渡り
  • お菓子好きのアライグマ
  • 兄弟でブランコ遊び
  • くつろぐオランウータン
  • 驚異のハチ人間
  • 静かな余生を過ごす
  • ダイブ好きな犬