木立のすき間から、銀色の湖面がちらちらとのぞいています。ニュートン湖の湖畔までもうすこしのようです。

 水際までやってくると、いっきに視界が開け、目の前にはふたたび静かな湖面が広がっていました。

 <ふう、やっとついた……>

 汗を拭いて、呼吸を整えたのもつかの間、キャンプに残してきた荷物が心配になってきます。誰もいない間にクマにとられたり、リスに穴をあけられたりしたらたいへんです。

 手ぶらで、来た道を足早に引き返すと、あっというまにキャンプにつきました。400メートルしかないので当たり前ですが、重いカヤックを運んだ後だと、こんなにも近かったのかと驚きました。

 荷物は無事、置いた場所にそのままの形でありました。

 今度は防虫ネットを頭からかぶり、まるでハチミツでも取りにいくような格好になりました。

 そして、ぎっしり荷物をつめたリュックを背負い、真ん中から二つにばらしたパドルを両手にもって、再びポーテッジを歩きます。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る