翌朝目覚めると、雷がゴロゴロと鳴り、雨が降っていました。 

 9時頃になってようやく雨が止み、荷物をまとめていると、1匹のウサギがキャンプ地の外れを、ぴょんぴょんと走りすぎるのが見えました。

 体は茶色。目がくりくりとした、大きさもごくふつうの野ウサギです。

 地面に顔を近づけてもぞもぞしているところを見ると、下草でも食べているのかもしれません。

 ぼくがじっとみていると、こちらの視線に気がついたのか、ウサギは森の中の茂みの奥へ、いちもくさんに走り去っていきました。

 野生動物は、ぼくに何かを話しかけてくるわけではありません。でも、視界に入ると、どうしても目が離せなくなるのはなぜなのでしょう。

 ウサギが生きている。

 それは、裏を返せば、ウサギが生きていけるだけの自然があるということ。

細い水路をゆくと、ホオジロガモの親子が並んで泳いでいた。水際まで苔むした、自然のままの岸辺がどこまでも続いている。(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る